泡の湯温泉 三好荘 (山形県小国町)

Çトップページ温泉レポート東北エリア山形県泡の湯温泉 三好荘

昨日のオイル臭の温泉の匂いがまだ仄かに残っている・・関川の道の駅を起床後、近くの上関温泉共同湯に行こうとしたが場所が分からない・・人もいないし30分ぐらい探したが、携帯の通信も繋がらないので今回は断念。更に山形に向かう。途中リスが横切ってきたりし驚く。

県道15号線に抜けると、風景は壮大で雪の残った山肌と辺り一面の大自然・・道も広くて走りやすいし側道に抜けた後も30分ぐらい走行したがあっという間に到着してしまった。

今回訪れた三好荘は「日本秘湯を守る会会員」の温泉施設で日帰り入浴も行っている。木漏れ日と薫風漂う細くなった道を走ると川沿いに建っている温泉である。

すぐに入浴出来ると思っていたが、先客がいるらしく「浴槽が狭いのでお待ちください」と広い座敷席に案内され待つ・・

20分ぐらい経ってからシャツ一枚の親父さんが出てきて「お待たせしました。うちの温泉ヌルいから一時間ぐらいゆっくり入ってってよ」と案内される。

率直レビュー

施設名称 泡の湯温泉 三好荘(山形県小国町) * 2016/05/30 訪問
泉質 星 5

含鉄・二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉

39.9℃ 溶存物質12.06g /kg の温泉は毎日換水している全く手の加えられていない源泉で、3人ぐらいが入れるかぐらいの小さな浴槽に掛け流されている。

浴槽の縁は錆びたような赤銅色に染まっている。 温泉は黄土色の塩化物泉の色にやや緑を混ぜたような色をしており、油膜も漂っている。
泡の湯温泉という名前だけあって泡付きも多少見られる。口に含むと塩辛さと仄かな苦さ、僅かに炭酸のようなピリッとした口当たりもあり。

匂いは金気臭と草の匂い・・オイル臭も混じった独特の匂いである。 熱すぎずヌルすぎず丁度良い温泉の温度で確かにこれは混み有っていなければ一時間ぐらい入っていられる。

丁度良い湯加減と素晴らしい温泉過ぎて、一時間経っても出たくない・・そんな気持ちにさせてくれる素晴らしい温泉だった。

雰囲気 星 5

雄大な自然を眺めながら湯につかる事ができる

外観は素朴だがやや大きめの旅館宿といった印象。

中にはいると、昭和の雰囲気が残る調度品や写真がある。特に昭和中期に採掘されたときの温泉を傍らに撮った白黒の家族写真が歴史の深さを物語らせる。浴槽からは小川や山林・遠目から雪の残った(何山?)を眺めることが出来、

雰囲気は抜群・・・ 内湯より雄大な自然を眺めながら温泉に浸かることが出来る・・。

充実度 星 2.5

内湯のみ・旅館の立ち寄り湯

その他
管理人オススメ度 5 星 5 雄大な自然に囲まれた泡付き・油膜漂う「日本秘湯を守る会会員」掛け流し温泉!

アクセス

住所 〒999-1522 山形県西置賜郡小国町大字大字小玉川715
駐車場 あり
交通機関 かなり辺鄙な場所にあるがバス停があった
Webサイト https://www.awanoyu.jp/
電話番号 0238-64-2220
料金 大人400円 小学生200円
営業時間 9:00~17:00 (宿泊者は24時間利用可能)
ツイート Facebookでシェア

h 読者レビュー

まだレビューはありません。この温泉に行ったことがある方、ご自身のレビューを投稿してみませんか?