あそ 火の山温泉どんどこ湯 (熊本県南阿蘇村)

Çトップページ温泉レポート九州エリア熊本県あそ 火の山温泉どんどこ湯

※緊急事態宣言に伴う外出自粛の為、2016年頃に訪問した温泉情報を掲載しております。今より更にレポートとして稚拙な雰囲気を醸しだしております。何卒ご了承ください。

■温泉・施設設備が増改築・撤去されており、現在と違う可能性があります。
■現在は社会状況的に休業や閉業している可能性があります。公式サイトでご確認下さい。

今回訪れた温泉施設。国道沿いのホテル・アーデンホテル阿蘇の横に立つ大きめの立ち寄り湯である。入り口から凄く大きく駐車場もかなり広い。

しかし人は平日の夕方だからか閑散としていて、全体的にワザとなのか節電しているのか判断つきかねるが薄暗い感じである。券売機でチケットを購入し、店員に渡し中へ入る。

率直レビュー

施設名称 あそ 火の山温泉どんどこ湯(熊本県南阿蘇村) * 2016/04/11 訪問
泉質 星 4.5

エメラルドグリーンで鮮度の高そうな源泉を広々とした各浴槽から豪快にかけ流し

『掛け流し』を標榜しており、天然温泉100%利用しているとの事。2016年当時温泉利用の掲示が見つけられなかった。

確かに温泉は「掛け流されて」おり温泉からは消毒臭はせず色も見事なエメラルドグリーンの様な色をしている。

この色を見ると硫酸温泉だった栃木・早乙女温泉を思い出す。硫酸系の火山温泉によくある鼻にピリッとする匂いがはっきりし、肌がキシむ様な浴感。流水口のパイプからは金気臭もするし湯使いや鮮度は悪くない・・。何故「掛け流しを標榜していて掲示を行わないのか」すごく気になる・・不思議な温泉である。

あとこの温泉、この鮮度の高い温泉を広々とした内湯・露天浴槽5つぐらいに温度を分けて掛け流しで利用しているところも特筆に値する。

まだ温泉を探索し始めた頃の話ではあるが、2020年現在でもここまで盛大かつ豪快にかけ流しを提供してるのは群馬の湯都里ぐらいしか見たことが無い。

雰囲気 星 3.5

館内は古めだが、露天の自然観は良好

内装は80年代風の昭和感を感じる建物で、内湯は何という表現が妥当なのか経年劣化した美術館の内装?みたいな雰囲気。
露天は大木や大きな石が点在していて自然感も高く独特の雰囲気。変わった風なのは間違いない。

人も疎らで照明も暖色ではなく、ただ暗い雰囲気の中オルゴール曲がトロトロ流れている。

ぶっちゃけ経営が苦しいのだろうか?個人的にはこの雰囲気割とすきなのだが・・
充実度 星 2.5

広々としているが休憩施設は弱め・焼肉定食がおいしかった

前述の通り広い施設で「西日本最大級」と標榜しているが、確かに広いのだが空き部分を持て余している感じがしてかなり勿体無い。
二階は休憩室と称して、自販機コーナー・畳と机の休憩所が少々、小さな漫画雑誌コーナーが申し訳程度で配置されている。
 
真っ暗で多分営業していないリラクゼーション施設。
リクライニングが2席だけ設置されており誰も使っていないので1時間程度仮眠させていただいた。
 
内湯や露天には5つぐらい浴槽があり、浴槽があるがほとんどの浴槽は広く10人はゆうに入る。
立地にも恵まれ広く、温泉も良いのだから余っている空間をリクライニングコーナーなどにして有料化にしても人気が出そうな気がするが。
 
あとここは食肉会社の系列が運営しているらしく、直営の食肉や惣菜なども販売していて安い。
焼肉定食・サラダバイキングも行っており入浴料含め2500円で利用できた。サラダ・ご飯・焼き野菜・スープ・ヨーグルトはお代わり自由で焼肉は皿を受付で新しいものと交換すると言う独特のシステムである。正直その辺のチェーン店の焼肉よりおいしかった。
 
その他
管理人オススメ度 4 星 4 熊本阿蘇にある自然観良好・豪快なかけ流しがウリの日帰り温泉

アクセス

住所 〒869-1402 熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字下野135−1
駐車場 あり
Webサイト https://www.dondoko.arden-aso.jp/hot_spring/
電話番号 0967-35-1726
料金 630円
営業時間 11:00-22:00
定休日 無休
ツイート Facebookでシェア

h 読者レビュー

まだレビューはありません。この温泉に行ったことがある方、ご自身のレビューを投稿してみませんか?