琴弾回廊 (香川県観音寺市)

今回訪れたのは、香川県観音寺市にある『琴弾回廊』ある。

名前を聞くだけで行きたくなるような素敵な名称であるが
観光名所の銭形砂絵と財田川の河口付近に建てられており景観も素晴らしい。

外観・内装はスーパー銭湯をリッチにさせた空間で
館内はピアノジャズが流れており大人な喫茶店を彷彿とさせる雰囲気である。

裏手駐車場の丘の上にはベンチやシーソーがあり、何となくインスタ映えしそうな感じ。受付で先払いで精算し、下駄箱・更衣室の鍵は自前で持つシステムである。



率直レビュー

施設名称 琴弾回廊(香川県観音寺市) * 2019/11 訪問
泉質 星 2.5

ギリギリ温泉と分かるカルシウム温泉、むしろ海水利用の浴槽の浴感が良好

温泉は10人程度が入れる内湯の檜浴槽と・露天奥にある小さい寝湯にのみ設置されている。

無色透明の温泉で湯量不足の為の加水・加温・循環・消毒全ての表示がされている。

消毒臭気はそんなにしないものの、浴感はほんのりすべすべ感がある・・かなというのと、僅かにカルシウム温泉の名残である苦みが残っている。むしろ温泉で無いが海水を加温した温泉と当日の変わり湯であった米ぬかオリーブ油はヌルッとした浴感で、前述した源泉浴槽より個性的だった。

後述するが、ここは温泉の実力よりも景観と館内雰囲気が屈指の素晴らしい施設なのでそこは割り切った方が良いと思われる。海水浴槽や米ぬかオリーブ湯も良かったので源泉ガチ勢で無ければさほど気にならないと思う。

雰囲気 星 5

テラス席の雰囲気が素晴らしく、夕方に訪れたい温泉

外観・内装ともにお洒落なスーパー銭湯施設といった形で、綺麗に清掃され内装は新築と遜色ない。

この温泉海沿いに建っているのだが大変上手く景観を利用しており、特にテラスの夕焼けの雰囲気は抜群。
正面には瀬戸内海の島々・右手の銭形砂絵側では海岸線を面前に眺める事が出来る。海の波音とトンビの鳴き声が自然感を増幅させてくれる。

更にピアノジャズがテラス席に流れており、リッチで落ち着いた空間を演出している。レストラン席や露天でも海を眺める事が出来るが、ここが一番のポイントだと感じる。

夜になるとテラス席にランプが点されてこちらも幻想的で素晴らしい。テラス席にバーカウンターが設けられていたが、営業していない雰囲気。季節や曜日限定なのかもしれないが少々勿体ない。

眺望ははテラス席が突出しているものの、うたた寝処や浴室・露天なども決して平凡な造りで無く、雰囲気部門で言えば全国でも上位に入れてもいいぐらい素晴らしい施設だと思う。

充実度 星 3

露天が広め・クッションのうたた寝処も設置されている

内湯は檜浴槽とサウナの構成で露天は釜風呂サウナ(日によって男女入れ替わり)・寝湯ジャグジー・海水湯・変わり湯の構成となっており、露天は浴槽の大きさと比して広い空間となっている。(走り回ってはいけないが、走り回ろうと思えば走れるぐらいの広さ)

露天の釜風呂は古式サウナを再現した空間となっており、飛鳥時代の帝が利用した事もある日本古来のサウナだよー。みたいな表記がある。中は地面にすのこを敷いた簡素な空間となっており、やや玄人向けである。

展望台が素晴らしいとの話をしたが、展望台の手前に球状クッションのうたた寝処なども設置されており、休憩は可能。広さで言うと20人程度はうたた寝できる空間である。食堂も設けられており、こちらも眺望が望め雰囲気は良好。

テラスもしっかりベンチや机などが設けられており、ゆっくり本を読んだり、ボーッと景色を眺めたりするには申し分ない空間である。

その他

paypayやクレジット使用可、テラス眺望は全国有数の実力

地元民が多いが、夕方や夜になると若い人も訪れテラス席でみんなが写真を撮ったり景色を眺めたりしていた。

ここまで素晴らしい空間だから、岩盤浴を設けたりテラスカフェなども設ければ観光客も多数訪れそうな可能性を秘めている。
観光客が『テラスの雰囲気は日本一だなー』と絶賛していたが、また夕方や夜に訪れたいと思わせる温泉施設だった。

なお、paypayやクレジットカードも使用可で柔軟な支払い方も可能である。
貴重品ロッカー◯
アメニティ◯
喫煙所× 館内禁煙
駐車場◯

管理人オススメ度 3.5 星 3.5 夕方に訪れたいテラスの景観が抜群の温泉施設

アクセス

住所 〒768-0062 香川県観音寺市有明町6−6
駐車場 あり
Webサイト https://kotohiki-kairo.co.jp/
電話番号 0875-24-4567
料金 一般大人820円
営業時間 10::00-23:00 (受付22:00)
定休日 年中無休

h 読者レビュー

まだレビューはありません。この温泉に行ったことがある方、ご自身のレビューを投稿してみませんか?