河辺温泉 梅の湯 (東京都青梅市)

Çトップページ温泉レポート関東エリア東京都河辺温泉 梅の湯

※緊急事態宣言に伴う外出自粛の為、2016年頃に訪問した温泉情報を掲載しております。今より更にレポートとして稚拙な雰囲気を醸しだしております。何卒ご了承ください。

■温泉・施設設備が増改築・撤去されており、現在と違う可能性があります。
■現在は社会状況的に休業や閉業している可能性があります。公式サイトでご確認下さい。

中央線から立川で青梅線に乗り継ぎ都心から約1時間。河辺駅目の前のショッピングモールの目の前にある温泉施設がこの「梅の湯」である。東京都であるがここまでくると青梅・奥多摩などにも東京感があまり感じられない静かな街である。

駅前はショッピングセンターが入ったビルと、図書館と温泉が入ったビルが並列して建っており全体的に平均的なニュータウンといった印象。付近には高いビルなどは少なく町並みの後方に山並みを望むことが出来る。中々良い雰囲気である。

図書館が入っている方のエレベーターで5階まであがると連絡通路から駅前や町を一望することが出来た。建物の中は平日の為か比較的人も少なめのようだ。

率直レビュー

施設名称 河辺温泉 梅の湯(東京都青梅市) * 2016/02/03 訪問
泉質 星 4

加温・消毒のみの掛け流し浴槽あり、ヌルっとした浴感を感じられる

無色透明のアルカリ性泉で掛け流しを実施している。ヌルっとした触感で肌がツルツルするのが分かる。
 
露天にある小さな浴槽で2~3人入るといっぱいになってしまう。小さな浴槽ではあるが70ℓという少ない湧出量にも関わらず掛け流しを実施しているという点はとても素晴らしいと思う。平日で人が少なめだった為源泉を心置きなく源泉を楽しむ事が出来たが・・休日だと混みあって大変そうだと思う。
更に温泉法掲示も更衣室前にしっかり掲げられており好感が持てる。

 

 

雰囲気 星 3.5

市街地だが、青梅なので自然も遠目に眺められる

 
平均的なスーパー銭湯の造りではあるが露天に間接照明を配してみたり立ちながらではあるが市街地と山並みも見れたりする。休憩所にあるマッサージチェアのある部屋からは駅前一面を全面ガラスで見下ろすことが出来る。
充実度 星 3

うたた寝処あり・ビルに入っているスパ銭としては広めか

浴槽は平均的な広さで内湯には天然温泉とジャグジー風呂やサウナ・低温のスチームサウナも付いている。露天には掛け流し・寝湯・その他岩風呂などが配置されている。
 
食堂も駅前を眼前に眺められ大変素晴らしい。その他クラフトビールの飲めるコーナーやテレビ付きの休憩所。うたた寝処も10床程度であるが置いてある。
 
 
その他

21時からナイト料金で300円程安くなる

都心からやや遠いが駅の目の前に有り立地は抜群。平日は人が少ないようで穴場である。

なお、午後九時からナイト料金に移行し価格が300円ほど安くなる。一部特定日は時間制になったり料金も割高になるので時間が許されるなら平日に行くのがいいだろう。

管理人オススメ度 3.5 星 3.5 河辺駅にある、都心の喧騒から離れた綺麗なビル型スパ泉

アクセス

住所 〒198-0036 東京都青梅市河辺町10丁目8−1 5・6階 河辺タウンビルB
駐車場 あり
交通機関 河辺駅徒歩1分
Webサイト http://kabeonsen-umenoyu.com/
電話番号 0428-20-1026
料金 880円
営業時間 10:00-22:30(最終入館23:00)
定休日 第3水曜日
ツイート Facebookでシェア

h 読者レビュー

まだレビューはありません。この温泉に行ったことがある方、ご自身のレビューを投稿してみませんか?